「議案」と「予算」について

自治体は予算が計上されて初めて案件が施行される。当然と言えば当然。予算が計上されていなければ施行できない。かなりの計画性が要される。例えば平成31年度に施行したければ前年の30年度には予算案が議会によって承認されていなければならないのが基本。案件(議案)は執行部(行政)が計画する為、要望や提案は早め早めに行っていかないと遅々として進まない。要望は議員だけでなく、区長や住民団体など誰が行っても要望先は基本関係課。ただし、それを取れ入れるかどうかは執行部次第。