地域みんなの「足」

 町民みんなの「足」。のらんかいバス。 上峰町は、行政事務の高いハードルを幾つも乗り越え、他の自治体に先駆けて平成12年4月から官民協力の下、地域住民の交通手段の確保及び地域社会の活性化に寄与することを目的として、町内を巡回する通学福祉バス「のらんかい」号2台の運行をはじめた。それから19年、今日に至るまで小学生の日々の通学や町民のお買い物、通院等のご利用に役立っている。

 

 バスの老朽化等に伴い、今回バス3台(通学用・巡回用)がリニューアルされ、乗合タクシーも2台加わった。総称してコミュニティバス「のらんかい」号。先月3月25日から運行している。これら車両の増数は町民の利便性に益々寄与できるものだ。後は、今回計画された運行ルート、停留場所、オンデマンド式タクシーの待合時間、料金等について利用者の満足度をモニタリングしていく必要がある。始めたら、それで良いと言うわけではない。

 

 町政は町民のために行う。今回のコミュニティバスに限らず、町民の皆さんが町にあるものを再度見直して、自分たちの為に有効活用してほしい。きっともっと町が好きになるに違いない。