令和時代の幕開け

みなさん、令和元年おめでとうございます!

 

先日、「上峰町ボランティアの集い」に出席したときの話。

 

講話の時間、講師が出席者にペアをつくらせ、何度もじゃんけん勝負をさせた。

 

『勝った方は気持ちよかね。やったぞーって叫んでよかよ!さて、負けた方は悔しかね。でも、

 

(勝った方に)あんたが勝ったとは私のおかげよって言いなさい!』 (場内爆笑)

 

 

 

令和時代が来たのは平成時代があったから。平成時代の延長上に令和時代がある。

 

 

 

昨日4月30日、天皇陛下の退位の儀式「退位礼正殿の儀」で、天皇陛下が最後のお言葉を述べられた。

 

『今日(こんにち)を持ち、天皇としての務めを終えることになりました。

 

ただいま国民を代表して安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に深く謝意を表します。

 

即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行えたことは

 

幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します。

 

明日(あす)から始まる新しい令和の時代が平和で実り多くあることを皇后と共に心から願い、

 

ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。』

 

 

 

平成天皇及び皇后陛下、日本国の象徴としてのお努め誠にありがとうございました。

 

両陛下はわたしたち日本人のあるべき姿を見せて下さいました。

 

 

自分も自分の務めを、相手への深い信頼と敬愛をもって行えるようになりたい。

 

そして日本だけでなく世界にも目を向けたいと憚りながらも思いを馳せました。