新年の目標と三日坊主

「三日坊主」

 

飽きっぽくて何をしても長続きしないこと。修行に耐えられず、三日で還俗(一度出家したものが、再び俗人に戻ること)をしてしまう僧侶の意から。※三日は極めて短い時間の例え 出典:三日坊主(みっかぼうず)の意味・使い方 – 四字熟語一覧 – goo辞書

 

大人になってから何か新しいことをやり始めてもなかなか続きません。理由は幾つか考えられます。単に、「疲れて力がでない。」「忙しくて時間がとれない。」「飽きて刺激が少なくなってやる気がでない。」などです。

 

皆さんは今年の目標や挑戦事はどんなことにしましたか。目標や挑戦も十人十色で、どんなものでもいいと思います。私も決めました。私が是非とも習慣化したいことです。一例を挙げると、「食べる時に一口入れたら30回噛む。」「毎日腹筋運動を15回×2セットする。」「毎日、尊敬する人の画を見てその人に近づけるように祈る。」など、些細なことです。

 

今年は一度決めたらやり通す根性をつけたいと願っています。理想は程遠くても、完璧ではなくてもやっていきたいと思います。

 

ちなみに、先日は友達のお寺にお参りに行って、写経をさせてもらいました。初めての経験でしたが、足が痺れながらも静寂の中で、普段は味わえないような雰囲気を味わわせていただきました。ちなみに、写経したものはお寺に宝物として奉納されるそうです。その後は友達とたくさん語り合ってとても良い時間となりました。